戸籍謄本と戸籍抄本

ここでは戸籍謄本(こせきとうほん)と、戸籍抄本(こせきしょうほん)についてご説明いたします。

戸籍内の情報を全て写したものを戸籍謄本、一部の情報を写したものを戸籍抄本といいます。全員の情報がとくに必要のない場合には、戸籍謄本ではなく、戸籍抄本を取り寄せます。

平成6年より戸籍がコンピュータ化されていることにより、戸籍謄本は「戸籍全部事項証明書」という名称になり、と戸籍抄本は「個人事項証明書」という名称が変わっています。

 

相続の基礎知識 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    梅田店

  • 梅田店
    行政書士法人・司法書士事務所
    〒530-0012 大阪府大阪市北区
    芝田1丁目4−14 芝田町ビル8F
  • 塚口店

  • 塚口店
    税理士法人・行政書士法人
    〒661-0012 兵庫県尼崎市
    南塚口町2丁目6番27号
  • 川西店

  • 川西店
    税理士法人・行政書士法人
    〒666-0021 兵庫県川西市
    栄根2丁目6番37号 JAビル3F
  • ひょうご税理士法人

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別