遺言書作成時の財産調査

遺言書の作成時に意外に見落としがちなのが財産調査です。

遺言書を検認した際に、財産の記載に漏れがあったため、記載のない財産をどう分けるか協議になってしまうことがあります。 明確に決められていないので、通常であれば法定分割に従う場合が多くなりますが、 遺言者の本当の意思はどうだったのでしょうか。

遺言書作成時に注意すべき点を下記にあげます。

 

遺言作成時に注意すべき点と財産調査

  • 財産の種類と総額の把握 →金融機関ごとの残高がいくらになっているのか。 →株式や金融資産の評価はいくらなのか。 →財産の総額はどうなるのか。
  • 税金対策の確認 →相続税対策と、納税資金対策が出来ているか。 →土地を生前に売却しやすくしておくなど、税金を考えた生前対策が出来ているか。 →固定資産税を考えた分割の割合となっているか。
  • 生命保険金の受取人が誰になっているのか →受取人によっては相続財産になります。 →相続税の対象にもなります。 →相続財産と、みなし相続財産のバランスを確認する必要があります。
  • 不動産評価の確認 →広いだけで価値があるのか、収益物件となるのか。相続人にとって価値があるか。 →売却できるのか、売却しやすいように対策がしてあるか。 →抵当権、定期借地権、底地権など権利関係のある土地ではないか。 →農地・生産緑地など、相続しても扱いづらい土地ではないか。

 

遺言書の作成時の財産調査は、遺言の目的を実現するうえで非常に重要です。 遺言書には、様々な役割があります。作成する前にしっかりと財産調査を行い、より効果的に活用いただくことをお勧め致します。

まずは、お気軽に当センターにご相談ください。

 

 

 

遺言書作成 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

まどか相続相談センターでは、大阪、兵庫を中心に無料相談を実施しております。川西店、塚口店はいずれも最寄り駅からアクセスしやすい場所にございますが、迷われた場合にはお気軽にご連絡ください。また出張相談も無料で実施しておりますので併せてご検討ください。
川西店…川西市栄根2丁目6番37号 JAビル(川西池田駅より3分、駐車場あり)
塚口店…尼崎市南塚口町2丁目6番27号(阪急線 塚口駅 徒歩3分、駐車場あり)

 

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • ママ行政書士の4コマ奮闘記