相続財産が不動産のみの場合

ここでは、相続財産が不動産のみの場合に起こりがちなトラブルに対する、遺言書による防止策をご紹介します。下記の事例をもとにご説明します。

famign-01

<家族構成>
お父様:5年前に他界。
お母様:80歳。
お兄様:48歳。再婚して、子供1人。
良子さん:45歳。未婚。


 

5年前にお父様が亡くなった際の相続では、お父様の 名義の不動産(土地・建物)と預貯金200万円ほどを すべてお母様が相続しました。

この不動産はお父様が亡くなる前年度にリフォーム していたので、建物の評価が600万円。土地の評価が 1500万円となっており、合わせて2100円の固定 資産評価額となっていました。

良子さんは、お兄さんと遺産相続でもめてしまうことが心配でした。

というのも、良子さんはお母さんの介護をしながら同居していますが、もしも今後、起こり得るお母様の相続でもめてしまうと、お母様の財産は下記のとおりで完全に不動産に偏っているので、遺産分割が非常に心配です。

お母様の財産: 不動産 2100万円※固定資産評価額 預貯金300万円ほど

こうした状況で、兄弟2人で法定相続にしようとお兄さんに言われてしまうと、相続財産の 総額が2400万円ですから、もし、良子さんがお母様と暮らしてきた自宅に住み続けようと すると、半分の1200万円をお兄様が相続するにあたって、預貯金の300万円を渡すだけでは なく、自らの財産から900万円もの現金を渡さなくてはなりません。

こうした状況になってしまうと、良子さんは自宅を売却してお金を作るしかなく、 生活する場所を奪われ苦しい立場になってしまいます。 

また、お兄様との関係は悪くは無いものの、再婚したお兄様の奥様との面識も無く、 お兄様も仕事を転々としていて生活も豊かではない様子。こうした状況を鑑みて、10%でも、5%でもリスクがあるのは良くないとお母様は考えて不動産は良子に、残った金融資産は長男に、という遺言書を作成することにしました。

 

 

遺言書作成 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

まどか相続相談センターでは、大阪、兵庫を中心に無料相談を実施しております。川西店、塚口店はいずれも最寄り駅からアクセスしやすい場所にございますが、迷われた場合にはお気軽にご連絡ください。また出張相談も無料で実施しておりますので併せてご検討ください。
川西店…川西市栄根2丁目6番37号 JAビル(川西池田駅より3分、駐車場あり)
塚口店…尼崎市南塚口町2丁目6番27号(阪急線 塚口駅 徒歩3分、駐車場あり)

 

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • ママ行政書士の4コマ奮闘記