夫婦で遺言書を作る

夫婦で遺言書を作成することを考える場合、一番のポイントは相続人が誰になるか? ということになると思います。

まず、はじめに子供のいない夫婦の場合からご説明します。 この場合がもっとも遺言書が重要になると言って過言ではありません。  しっかりと確認していきましょう。 

 

子供のいない夫婦で、夫が亡くなり、妻が残った場合

oyaari0813.png

左の図のように、子供いない夫婦で夫の両親が ご存命であると妻が相続分は3分の2となります。

つまり、夫の両親が3分の1の財産を相続する 権利があるという事です。

こうした場合で、夫の両親との関係性が良好で 夫の相続財産の3分の1を放棄してくれる のであれば問題ありませんが、そうでない場合 夫名義のご自宅も預金も、ご両親は財産のうち 3分の1を相続できる権利があります。 

遺言書が無い場合に問題になる点

現実的な問題として、当センターでは下記のようなご相談があります。

  • 夫(妻)の両親との関係が悪いため、夫(妻)名義の不動産の名義変更ができない
  • 自宅を売却して1000万~2000万円の現金を作って、老人ホームに入りたいが、 自宅の名義変更が出来ないので自宅を売却できず、施設に入ることが出来ない
  • 両親との関係性はまったく悪くないものの、両親が高齢で認知症となっているため、 相続手続きをするために、成年後見の申立ての必要となってしまって困っている

遺言書を作っていれば、問題ありませんが、遺言書が無ければ子供のいないご夫婦には 必ず付きまとう問題になりますので、事前に対策が必要となります。 

 

子供のいない夫婦で夫が亡くなり、妻が残った場合で、配偶者の兄弟がいる場合

oyanashi0813.png

左の図のように、子供いない夫婦で夫の両親が 既に亡くなっている場合で、夫の兄弟がご存命 であると妻が相続分は4分の3となります。

つまり、夫の兄弟が4分の1の財産を相続する 権利があるという事です。 

こうした場合で、夫の兄弟との関係性が良好で あれば問題ありませんが、そうでない場合は 夫名義のご自宅も預金についても、4分の1を 夫の兄弟が相続できる権利があります。

遺言書が無い場合に問題になる点

現実的に、相続手続きを進めるためにはすべてにおいて、夫の兄弟に「実印」と「印鑑証明」を お願いしなくてはいけません。こうなると下記のような問題があります。

  • 夫婦で築いてきた財産の4分の1を夫の兄弟に要求されてしまう。 
  • 夫の兄とは仲が良くても、その兄の妻との関係性が悪く、協力を拒否されてしまう
  • 夫の兄弟とは関係性が悪くないが、夫と同様に高齢であるため認知症となっており、 相続における手続きにおいては成年後見の手続きを経なくてはいけない。
  • 手続きが進まないので、自宅や預貯金の名義を自分に変えることができない

 

こうした法律上の問題で、自分の配偶者を将来にわたって心配にさせないためにも きちんと法律的に有効な遺言書を残しておくことが重要です。

権利意識の高まった現代では、遺言書は「縁起でもない」と言ったものではありません。 連れ合いの老後の人生を守る、非常に有効な対策となります。 その効力は単純比較は出来ませんが、法律的な観点からみると生命保険以上のものとなる のではないでしょうか。しっかりと検討してきましょう。

また時々、配偶者のどちらかを心配されている方もいらっしゃいますが、どちらの立場でもこの問題は当てはまります。遺言書はお二人で作成される事が重要になります。  

遺言書作成 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    梅田店

  • 梅田店
    行政書士法人・司法書士事務所
    〒530-0012 大阪府大阪市北区
    芝田1丁目4−14 芝田町ビル8F
  • 塚口店

  • 塚口店
    税理士法人・行政書士法人
    〒661-0012 兵庫県尼崎市
    南塚口町2丁目6番27号
  • 川西店

  • 川西店
    税理士法人・行政書士法人
    〒666-0021 兵庫県川西市
    栄根2丁目6番37号 JAビル3F
  • ひょうご税理士法人

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別