限定承認とは

被相続人の相続財産から、債権者に対して負債の弁済が行われ、それ以上の責任を負わないが、負債の弁済後なおプラスの財産があればそれを相続します。

 

限定承認をするケース

債務超過であることが分かってなお、相続財産の中に相続したい財産がある場合

自宅の評価額が被相続人持分4分の1、評価額200万円で、借金2500万円あることが分かっていて、プラスの財産よりも明らかに負債の方が多いが、相続人が被相続人の名義の持ち分が入った自宅で共に生活していた場合など、どうしても相続したい財産がある場合。

相続人が不動産持分を優先的に買い戻すことで、被相続人名義も持ち分を相続できます。

 

負債がどのくらいあるかわからない

相続財産調査を行って負債がないと思い単純承認に相続方法を決定してしまった後で、債権者が現れるケースがあります。被相続人と疎遠で本当の生活状況などが分からない場合、 限定承認はとても有効な手段です。後から債権者が現れても、相続した財産の範囲以上の負債は負うことはありません。

 

プラスの財産とマイナスの財産が同じくらい

この場合も、後から債権者が現れたとしても、相続した範囲以上の負債を負うことはありません。

 

 

単純承認をした場合、後から多額の負債があることが判明したら、相続人はその責任をすべて負わなければならなくなります。

相続放棄 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

まどか相続相談センターでは、大阪・梅田、兵庫を中心に無料相談を実施しております。大阪・梅田店、川西店、塚口店はいずれも最寄り駅からアクセスしやすい場所にございますが、迷われた場合にはお気軽にご連絡ください。また出張相談も無料で実施しておりますので併せてご検討ください。
大阪・梅田店…大阪市北区芝田1丁目4−14 芝田町ビル8F(梅田駅より3分)
川西店…川西市栄根2丁目6番37号 JAビル(川西池田駅より3分、駐車場あり)
塚口店…尼崎市南塚口町2丁目6番27号(阪急線 塚口駅 徒歩3分、駐車場あり)

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    梅田店

  • 梅田店
    行政書士法人・司法書士事務所
    〒530-0012 大阪府大阪市北区
    芝田1丁目4−14 芝田町ビル8F
  • 塚口店

  • 塚口店
    税理士法人・行政書士法人
    〒661-0012 兵庫県尼崎市
    南塚口町2丁目6番27号
  • 川西店

  • 川西店
    税理士法人・行政書士法人
    〒666-0021 兵庫県川西市
    栄根2丁目6番37号 JAビル3F
  • ひょうご税理士法人

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • ママ行政書士の4コマ奮闘記