戸籍収集と相続人調査

ここでは、相続人調査について説明します。

相続人調査とは、戸籍謄本を収集して誰が法定相続人(相続する権利を持つ人)になるのか調査することをいいます。

被相続人が両親やご親族の場合は、わざわざ戸籍謄本を収集して調べなくても相続人を把握しているという方も多いと思います。しかしながら、相続における様々な手続き(預貯金の解約、不動産の名義変更など)において、戸籍収集をして関係各所に提出しなければ手続を進めることができません。

そのため、相続手続きを行う殆どの方が絶対にしなければいけない行為なのです。

また、私どものように専門家が戸籍収集を行うと思わぬ事実が判明する場合があります。

 

  • 実は前妻との間に子供がいた。
  • 被相続人は両親もすでに亡くなっており、お子様もいなかったので被相続人の兄弟が相続することになったが、兄弟も先に亡くなっており、その子(被相続人からみて甥・姪)が代襲相続人となるため、最終的に相続人が12名もいることが判明した。
  • 父が相続税対策で、養子縁組をしていた。
  • 愛人との間に子供がおり、戸籍に認知されている記載があった。(実子と同じ相続分を有する)

 

このようなことが絶対にないとは言い切れないので、戸籍収集を通じて相続人の確定をしなければいけないのです。

また、上記のような特別な事情がなくても、難しい戸籍収集をしなければならない方も非常に多くあります。
その代表的な例は、相続する不動産が亡くなった自分の親名義ではなく、それより以前に亡くなっている祖父の名義のままであったために、祖父の出生から死亡までの戸籍収集をしなければならない場合などです。戸籍収集でお困りの場合は私たち専門家へお気軽にご相談ください。

相続手続き その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    梅田店

  • 梅田店
    行政書士法人・司法書士事務所
    〒530-0012 大阪府大阪市北区
    芝田1丁目4−14 芝田町ビル8F
  • 塚口店

  • 塚口店
    税理士法人・行政書士法人
    〒661-0012 兵庫県尼崎市
    南塚口町2丁目6番27号
  • 川西店

  • 川西店
    税理士法人・行政書士法人
    〒666-0021 兵庫県川西市
    栄根2丁目6番37号 JAビル3F
  • ひょうご税理士法人

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別