調停の申立

調停委員第三者として中立的な立場で相続人の話し合いの中に入り、全ての相続人の納得いく分割案をまとめるため、仲立ちをする制度が調停です。
相続人間で話をまとめることが出来ないと、当事者間では遺産分割協議の結論が出せません。
その場合は、調停により、第三者の介入により解決を目指します。

調停は家庭裁判所に申し立てを行います。
相続財産の全てを明らかにし、被相続人と相続人全員の戸籍謄本を揃えて相続利害関係人の身分関係を明らかにするなど、調停申立書の提出には、時間のかかる準備が必要です。

家裁への手続き その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

まどか相続相談センターでは、大阪、兵庫を中心に無料相談を実施しております。川西店、塚口店はいずれも最寄り駅からアクセスしやすい場所にございますが、迷われた場合にはお気軽にご連絡ください。また出張相談も無料で実施しておりますので併せてご検討ください。
川西店…川西市栄根2丁目6番37号 JAビル(川西池田駅より3分、駐車場あり)
塚口店…尼崎市南塚口町2丁目6番27号(阪急線 塚口駅 徒歩3分、駐車場あり)

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

    塚口店

  • 塚口店
    税理士法人・行政書士法人
    〒661-0012 兵庫県尼崎市
    南塚口町2丁目6番27号
  • 川西店

  • 川西店
    税理士法人・行政書士法人
    〒666-0021 兵庫県川西市
    栄根2丁目6番37号 JAビル3F
  • ひょうご税理士法人

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • ママ行政書士の4コマ奮闘記