相談事例

川西の方よりいただいた死後事務に関するご相談

2017年09月12日

Q:死後の事務手続きなどを子供に迷惑のないようにしたいのですが(川西)

自分にもしもの事があった際の身の回りの事務手続きなど、なるべく子供に迷惑がかからないようにしておきたいのですが何か方法はありますか?子供は二人おりますが、遠方に住んでおり、私の身の回りのことはほとんど把握していません。(川西)

A:死後事務委任契約で、備えておきましょう。

もしもの時に備え、専門家と死後事務委任契約をしておくことによって、死後の葬儀、家財道具の処理、事務手続きなどを家族以外に委任することができます。ご自身の身の回りの整理や解約手続き届出など、事務手続きを第三者に依頼しておくことによって、お子様への負担を軽減することができます。どのように処理すればよいかを指定しておくことも可能です。事務手続きの中には、相続手続きにも関わってくるものもあるので、相続の専門家に依頼されることをお勧めいたします。川西にお住まいでしたら、まどか相続相談センターにお問合せください。初回のご相談は完全無料でお伺いいたします。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

まどか相続相談センターでは、大阪、兵庫を中心に無料相談を実施しております。川西店、塚口店はいずれも最寄り駅からアクセスしやすい場所にございますが、迷われた場合にはお気軽にご連絡ください。また出張相談も無料で実施しておりますので併せてご検討ください。
川西店…川西市栄根2丁目6番37号 JAビル(川西池田駅より3分、駐車場あり)
塚口店…尼崎市南塚口町2丁目6番27号(阪急線 塚口駅 徒歩3分、駐車場あり)

 

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • ママ行政書士の4コマ奮闘記