会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

相続放棄

(明石)生前から相続放棄をしておきたい

2017年06月07日

Q:明石の方より相続放棄に関するご相談

家族間の折り合いが悪いため、もし父の相続が発生した場合、あまり関わりたくないと思っています。 父が存命の今のうちから相続放棄をしておきたいのですが、可能なのでしょうか?

A:相続が開始される前に相続放棄をすることはできません。

相続放棄とは、そもそも相続開始により発生する相続権を放棄する手続きのことをいいます。そのため、被相続人の生前から手続きをすることは出来ません。相続放棄する旨を覚書や念書として作成しておいても、法的には効力はありません。

対策としては、お父様にご相談者様に相続させない旨を記した遺言書を作成していただいたうえで、あらかじめ遺留分放棄の手続をとっておくことなどが挙げられます。いずれもきちんとした手続きをふまないと効力がないものになりますので、一度当センターへご相談いただき、専門家のアドバイスをもとに対策を考えられることをお勧めいたします。

(大阪)借金を相続したくないのですが。

2017年03月07日

大阪市の方より、司法書士への相続相談

Q:先日父が亡くなりました。父は不動産などの財産はありますが、借金も残した状態で他界しました。

借金は相続しなければならないのでしょうか。借金が多額なので、相続したくないのですが何か方法はありますか?(大阪)

相続放棄、または限定承認という方法があります。

亡くなったお父様に借金がある場合、借金も相続財産に含まれますので相続放棄または限定承認の手続きをしない限り、借金返済の権利も相続することとなります。借金が多額との事なので、一度ご相談にいらっしゃることをお勧めいたします。と、いいますのも、相続放棄と限定承認は家庭裁判所での手続きとなりますので、ご自身で行うには困難な手続きですしリスクも伴います。また、相続放棄が適切か、限定承認が適切かも、プラスの財産とマイナスの財産の兼ね合いで決めていく必要があります。非常に専門的知識と実績を要する手続きになりますので、まずはご相談ください。当センターの行政書士法人・司法書士事務所は大阪市(梅田店)に事務所を構えておりますので、是非一度初回の無料相談にお越しください。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

まどか相続相談センターでは、大阪、兵庫を中心に無料相談を実施しております。川西店、塚口店はいずれも最寄り駅からアクセスしやすい場所にございますが、迷われた場合にはお気軽にご連絡ください。また出張相談も無料で実施しておりますので併せてご検討ください。
川西店…川西市栄根2丁目6番37号 JAビル(川西池田駅より3分、駐車場あり)
塚口店…尼崎市南塚口町2丁目6番27号(阪急線 塚口駅 徒歩3分、駐車場あり)

 

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • ママ行政書士の4コマ奮闘記