会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

尼崎市

(尼崎)相続人の1人が遺産を隠して話し合いに応じない

2017年06月01日

Q:尼崎の方より、相続財産調査について。

父が亡くなり相続手続きが必要だと思うのですが、相続人の1人である兄に話をしても父名義の通帳すら見せてもらえず、遺産分割協議ができないまま半年が過ぎようとしています。

兄家族は亡くなった父と尼崎の実家で同居し父の面倒をみていました。そのことについてはとても感謝していますが、父の遺産を独り占めしようと考えているのでないかと疑ってしまいます。(尼崎)

 

A:通帳などの情報が無くても相続財産調査は可能ですが、相続税申告が必要な場合はお急ぎください。

お父様の相続財産の内容を教えてもらえないとしても、相続財産を調査する方法はありますのでご安心ください。お兄様へ直接聞くことは諦めて、銀行や役所に問い合わせましょう。相続人であれば、預貯金の「残高証明書」や「取引明細書」、不動産の「名寄帳」などを書面で開示してもらえます。
心当たりのある尼崎市内の銀行や役所など1件ずつ照会する必要がありますので手間と時間がかかりますが、まどか相続相談センターでは、相続財産調査の代行を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

一つお気をつけいただきたいことは、相続税の申告期限が相続発生から10か月以内ということです。

もしも相続税の基礎控除を超える場合は、税務署への申告が必要です。尼崎のご実家の土地については評価額を下げる特例が適用できる可能性がありますが、期限内に申告することが条件となります。既に相続発生から半年が過ぎているため、急いで相続財産調査を進める必要があります。
まどか相続相談センターには相続税申告の経験豊富な税理士が在籍しておりますので、尼崎の土地の相続税評価についてもご相談ください。

相続税の申告期限までに遺産分割協議が間に合わないことは、お兄様にとってもデメリットが大きいですので、お兄様のお気持ちやご意向も確認しながら進めることが重要です。
万が一、相続争いに発展してしまった場合はまどか相続相談センターの協力先の弁護士をご紹介することも可能です。

 

(尼崎)相続人に未成年がいる場合

2017年03月31日

尼崎市の方より、相続人に未成年の子供がいる場合のご相談

Q:夫が先日他界しました。まだ40代でしたので相続人の子供が未成年です。

夫には尼崎市内に戸建ての不動産と金融資産の財産があります。ただ、住宅ローンもまだ残っています。どうすればいいでしょうか。

 

A:家庭裁判所へと『特別代理人選任』を申し立てる必要があります。

親(親権者)と未成年の子供が同時に相続人となっている場合などは、親権者として子供を代理して遺産分割協議等をすることはできません。これは「利益相反」にあたるからです。そのため、この様な場合は家庭裁判所に『特別代理人選任』を申し立てて、第三者と遺産分割協議をすることになります。この申し立て段階で、遺産分割協議書の案文も添付しなければいけません。もちろん、全体の財産を裁判所も把握しなければいけませんので、他にも財産目録、評価証明書や戸籍一式なども提出する必要があります。尼崎市在住とのことでしたので、塚口本店(尼崎市)でご相談をお受けすることが可能です。相続税がかかる方は10ヶ月という期間を考慮して申立てなど速やかに行う必要もありますので、ぜひ一度ご相談にお越しください。住宅ローンも団体信用生命保険(団信)に加入していれば支払いを免除してもらえるかもしれませんので、こちらもご相談下さい。

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

まどか相続相談センターでは、大阪、兵庫を中心に無料相談を実施しております。川西店、塚口店はいずれも最寄り駅からアクセスしやすい場所にございますが、迷われた場合にはお気軽にご連絡ください。また出張相談も無料で実施しておりますので併せてご検討ください。
川西店…川西市栄根2丁目6番37号 JAビル(川西池田駅より3分、駐車場あり)
塚口店…尼崎市南塚口町2丁目6番27号(阪急線 塚口駅 徒歩3分、駐車場あり)

 

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別
  • ママ行政書士の4コマ奮闘記